投稿者のアーカイブ

会員事業所に1事業所を追加しました。

2020年9月25日 金曜日

未来工房 仙台が加わり、会員数は126事業所になりました。

会員事業所に2事業所を追加しました。

2020年9月16日 水曜日

就労継続B型事業所 YUTTARI(石巻市)、ともに はま道(亘理町)の2事業所を追加しました。

会員数は125事業所になりました。

会員事業所に3事業所を追加しました。

2020年6月23日 火曜日

ほっとたいむ(仙台市若林区)、DiyCE(宮城郡七ヶ浜町)、ふぉれすとあゆみ(仙台市泉区)の3事業所を追加いたしました。会員事業所数が123事業所になりました。

エコバッグ(手提げ袋)つくれます!

2020年6月23日 火曜日

みなさんご存知の通り、経済産業省発の過剰なプラスチック使用抑制を目的とした「レジ袋有料化」が2020年7月1日よりスタートします!
同時に様々なお店でエコバッグの売り場を多く目にするようになりました。
障害者就労支援事業所でも、それぞれに個性的なバッグを作っている事業所があります。
お買い物用に【他の人と被らないバッグ】をお持ちいただくのはいかがでしょうか?

そこで、需要が高まっているエコバッグを販売している事業所を紹介します。
購入や商品についてのお問い合わせは各事業所にお願いします。
(このページ下の方にある事業所名をクリック)

取りまとめが必要な場合等のご相談はみやぎセルプ協働受注センターにお問い合わせ下さい。
特非)みやぎセルプ協働受注センター
電話:022-399-6299
E-mail:info@miyagi-selp.org

1.希望の星

2.第二啓生園

3.工房すぴか

テンプレ【会員事業所紹介】

2020年6月9日 火曜日

・文字を強調したい場合は太文字(ボールド)。色文字は禁止。むやみに空白行を作らない&改行しない。箇条書きはリストを使用。

・推奨画像サイズ600×450ピクセル(アスペクト比4:3)。画像は拡大禁止(リンク先=なし)。配置=なし。代替テキストは必ず入力すること。

■■■ 以下サンプル ■■■■■

1,000円から宅配いたします!

全員集合

障害のある人も無い人も一緒に働ける場として、1988年コッペが始まりました。障害者が働くための施設を作るのではなく、普通のパン屋さんにたまたま障害のある人も一緒になって働いている、それが『コッペ』です。互いの関係も、同じ職場に働く仲間であり、職員と入所者というものではありません。

1997年、運営団体「麦の会」が発足し、1998年10月より仙台市の助成金を得られることになりました。さらに、麦の会は2000年3月、特定非営利活動法人(NPO法人)として認証されました。

また、2006年11月には、仙台市内の3つの小規模作業所(フリースペースソレイユ・すまいる作業所)とともに、新しく非営利活動法人フルハウスを設立し、就労継続支援B型の事業を2007年4月より行っています。財政は厳しく、課題も山積みですが、当初の思いを大切にして、少しずつ歩んでいます。

【サポーターを募集しています】
2000年7月に各福祉事業所・小規模作業所・NPO法人が集まり「B NET CLUB」を創りました。毎月1回、会員の方のお手元にリーズナブルなお値段で安全で美味しい食品をお届けしています。会員数が増えることによって計画生産が可能になり、各団体・事業所で働く利用者や仲間達に安定した工賃に還元することが出来ます。授産製品の品質向上、販売力の強化、社会貢献をを目指している私達の「応援団」になって下さい。

お届け例(2014年1月分)

  • ネグロスクッキー/クリームデニッシュ(コッペ)
  • 春菊(秋保 サンサンファクトリー)
  • 斎川凍豆腐(白石 こすもすの家)
  • オーガニック紅茶(フェアトレード推進団体)

【取扱店舗】

ではっぺ薬師堂店/ヘルシーハット小田原店/カレーショップ桜蔵西多賀店/横田や北山店/星陵キャンバス東北大学生活協同組合売店/クロワッサンの店木町店/澄川スキー場売店/あいコープみやぎ宅配カタログ/仙台市内の保育園/喫茶「ひこ」(宮城野区新田)

宮城蔵王澄川スキー場売店で販売しているお菓子1

宮城蔵王澄川スキー場売店で販売しているお菓子2

宮城蔵王澄川スキー場売店では可愛いオリジナルラッピングで販売されています。

会員事業所を追加しました。

2020年5月11日 月曜日

「株式会社サンテック スミールステッド就労支援事業所」を追加しました。
会員事業所数が120事業所になりました。

「手作りマスク」つくってます!

2020年4月15日 水曜日

昨今のコロナショックの影響で障害者就労支援事業所等(以後事業所)では、販売イベントの中止や取引先の事業一時縮小により、「物を作っても販売する機会が無い」とか「受注できていた作業が無くなった」といった声を多くの事業所職員から聞くようになりました。

そこで、需要が高まっている「手作りマスク」をつくって販売している事業所を紹介します。

購入や商品についてのお問い合わせは各事業所にお願いします。

(このページ下の方にある事業所名をクリック)

取りまとめが必要な場合等のご相談はみやぎセルプ協働受注センターにお問い合わせ下さい。

特非)みやぎセルプ協働受注センター

電話:022-399-6299

E-mail:info@miyagi-selp.org

  1. くじらのしっぽ
  2. なでしこ
  3. ビッグママ
  4. あいの郷
  5. 織音

東日本大震災から9年

2020年3月11日 水曜日

あの日から9年になります。
「障害者震災記憶風化防止活動支援業務」として取り組んできた
取材活動を通じ、感じた想いを記しました。

3.11ソレカラ

https://www.miyagi-selp.org/311sorekara/topics/20200311_1716

エフブンノイチ営業中です。

2020年3月9日 月曜日

障害者福祉施設の商品を扱うお店『エフブンノイチ』。2月の開店以来たくさんのお客様にお越しいただいております。

店内ではクッキーなどのお菓子や陶器、ブックカバーなどの雑貨を販売しています。また、小さなカウンターがあり、コーヒーやランチを楽しんでいただくことができます。

ゆったりとした時間が流れる『エフブンノイチ』に遊びにいってみてはいかがでしょうか?

 

小物と焼菓子のお店 エフブンノイチ

仙台市青葉区錦町1丁目3-3(神奈川クリーニング錦町店2階)

TEL&FAX:022-796-0215

営業時間 11:00-17:00  店休日 土・日・祝日

EMAIL:fbunno1@cap.ocn.ne.jp

URL:https://fbunno1.wixsite.com/home

 

アクセス

会員事業所紹介に2事業所を追加しました。

2020年3月18日 水曜日

「よつば農園」「ほっとハート柴田」を追加しました。
会員事業所数が119事業所になりました。

エフブンノイチがリニューアルオープンします。

2020年1月7日 火曜日

障害者福祉施設商品を扱う協働アンテナショップ「エフブンノイチ」がリニューアルオープンいたします。

新しい店舗は古民家風のオシャレな造り。旧店舗の名物だったカウンターも復活し、丁寧にハンドドリップした美味しいコーヒーや、カレーなどの軽食を楽しんでいただけます。

広くなった店内には陶器や雑貨、焼菓子などを取り揃え、ごゆっくりお買い物をしていただけます。

仙台市の中心部とは思えないほど静かで、ゆっくりと時間が流れる「エフブンノイチ」にぜひご来店くださいませ。

 

【グランドオープン】

 2020年1月14日(火)11:00~17:00

【プレオープン】

 2020年1月8日(水)11:00~17:00

 ※プレオープン日は軽食の提供はありません。

 

 

 

エフブンノイチ

仙台市青葉区錦町1丁目3-3(神奈川クリーニング錦町店2階)

TEL:080-8213-0885

営業時間:11:00~17:00

店休日:土・日・祝

地下鉄南北線勾当台公園駅より徒歩約6分。駐車場がございませんので、お車でお越しの際は近隣の有料駐車場をご利用ください。

 

『第13回ナイスハートバザールinせんだい+ノウフクマルシェ』を開催します!!(終了しました)

2020年1月7日 火曜日

宮城県の平成31年度被災障害者就労支援事業所等復興支援体制づくり事業の一環として、東日本旅客鉄道株式会社様JR東日本東北総合サービス株式会社様のご協力で、令和2年2月3日(月)〜2月6日(木)の4日間、JR仙台駅2階ステンドグラス前催事場にて、宮城県の障害者福祉事業所33事業所と福島県の障害者福祉事業所19事業所が参加する一大イベント『第13回ナイスハートバザールinせんだい+ノウフクマルシェ』を開催いたします。

手作り のパンや焼き菓子、スウィーツ、そしてこだわりのお豆腐などのおいしい食べ物がいっぱい。その他にも手作りの木工品、アクセサリーや小物雑貨といった「とっておきの商品」が販売されます。

また、宮城県の令和元年度農福連携による工賃向上支援業務の一環として、今回も「農業」と「福祉」の連携により生まれた『ノウフクマルシェ』を同時開催し、 宮城県内の障害者福祉事業所で丹精込めて作った新鮮野菜や、それを使い丁寧に手作りした加工食品も販売します。

是非、この機会にお立ち寄りください。

 

≪参加事業所≫
なでしこ(仙台市若林区)マルベリー工房(仙台市青葉区)仙台もぐらの家(仙台市青葉区)
蔵王すずしろ(刈田郡蔵王町)ゼルコバ(仙台市若林区)こぶし(仙台市太白区)
仙台自立の家(仙台市青葉区)わ・は・わ大衡(黒川郡大衡村)工房すぴか(仙台市宮城野区)
工房かやの実(仙台市泉区)みどり工房長町(仙台市太白区)いずみ授産所(仙台市宮城野区)
コッペ(仙台市宮城野区)ホープすずかけ(仙台市宮城野区)すまいる作業所(仙台市泉区)
パル三居沢(仙台市青葉区)工房けやき(仙台市太白区)くるみの木(仙台市青葉区)
ぶるー・びー(仙台市青葉区)はぴかむ(仙台市若林区)パルいずみ(仙台市泉区)
アトリエ・ソキウス(仙台市泉区)第二啓生園(仙台市宮城野区)ぱれった・けやき宮城野(仙台市宮城野区)
メルヴェイユ仙台(仙台市青葉区)Petit Eclair(仙台市青葉区)福島県授産事業振興会(福島県)
≪ノウフクマルシェ≫
仙台自立の家(仙台市青葉区)ぎんの星(東松島市)はぴかむ(仙台市若林区)
ステージパス(多賀城市)ぱれった・けやき宮城野(仙台市宮城野区)MEGUMI(仙台市太白区)
サンサンファクトリー(仙台市太白区)希望の星(仙台市太白区)まきばの実り(大崎市)
くじらのしっぽ(石巻市)

※過去の『ナイスハートバザールinせんだい』の様子です。

平成31年度(第12回)
平成30年度(第11回)
平成30年度(第10回)
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度

報道関係者向け⇒プレスリリース

マルイ・モディ静岡店「3.11ソレカラパネル展」開催中です(終了しました)

2019年12月18日 水曜日

先月中旬、障害者働く幸せ創出センター(静岡市葵区)で開催されたパネル展「3.11ソレカラ」ですが、今度はマルイ・モディ静岡店で開催されることとなりました。

先月のパネル展の様子はコチラ

期間:令和元年12月17日~12月31日(予定)
場所:静岡マルイ3Fイベントスペース
        (静岡県静岡市葵区御幸町6-10)

今月6日には静岡県内の障害者福祉事業所の職員を対象とした職員研修にお招きいただき、今度は多くの人が集まる場所での展示会を企画してくださった、オールしずおかベストコミュニティの皆さまにこの場を借りて御礼申し上げます。

NPO法人オールしずおかベストコミュニティ

年内いっぱいは展示されている予定ですので、帰省の際などにもご覧いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

会員事業所紹介に2事業所を追加しました。

2020年3月2日 月曜日

「nisipirica」「あいあいファーム わ・は・わ田尻」を追加しました。
会員事業所数が117事業所になりました。

宮城県庁18階 県政広報展示室でパネル展「3.11ソレカラ」開催中です(終了しました)

2019年11月28日 木曜日

12月2日(月)から1月10日(金)までの間,宮城県庁18階の県政広報展示室において,「障害者震災記憶風化防止展」を開催いたします。
この展示は,東日本大震災で被災した宮城県内の障害者就労支援事業所で働いている障害のある方々や,福祉施設の職員,在宅で被災した障害者の方々の体験を取材し,パネルにまとめたものです。

震災から間もなく9年を迎えようとする今,改めて震災について考えるきっかけとなればと思います。
みなさまのご来場をお待ちしております。

「障害者震災記憶風化防止展」
・開館時間  午前9時30分から午後4時まで
・休館日   土日,祝休日,年末年始
・入場料    無料

チラシはコチラ

毎年12月3日から12月9日は障害者週間です。

「オールしずおかベストコミュニティ」にてパネル展が開催中です(終了しました)

2019年11月15日 金曜日

静岡県静岡市にあるNPO法人「オールしずおかベストコミュニティ」にて、「3.11ソレカラパネル展」を開催いたします。

静岡県では初めてのパネル展示となります。
東日本大震災で被災した障害者や福祉職員が直面した困難や、元の生活を取り戻す過程を取材し、パネルにまとめました。
ぜひご覧ください。

「NPO法人オールしずおかベストコミュニティ」

また、12/6(金)には、宮城県内の3事業所の施設長による研修会も行われます。

「防災研修 ~被災経験者から学ぶ工夫と対策~」

「Open Village ノキシタ」でパネル展を開催します。(終了しました)

2019年10月2日 水曜日

10/15(火)~10/26(土)、Open Village ノキシタ(仙台市宮城野区田子西)において、「3.11ソレカラパネル展」を開催いたします。

東日本大震災で被災した障害者および福祉職員が直面した困難や、元の生活を取り戻す過程を取材し、パネルにしたものを展示します。

また、10/26(土)は楽しいイベントも同時開催。「3.11ソレカラマルシェ」では障害者福祉事業所の食品を販売します。福祉施設で作られたお菓子や豆腐など、自慢の手作り品がずらり♪さらに、あっと驚く科学実験をわかりやすく紹介する「阿部清人さんのサイエンスショー」も開催。大人から子供まで楽しめるサイエンスショーは必見です。

パネル展と阿部清人さんのサイエンスショーは無料でご覧いただけますので、ご家族連れでぜひご来場ください!

【3.11ソレカラ@Open Village ノキシタ】

10/15(火)~10/26(土)   9:30~16:30   日曜、祝祭日休み。駐車場あり。

お問合せ:特定非営利活動法人みやぎセルプ協働受注センター  TEL:022-399-6299

「しんじゅく防災フェスタ2019」に出展します。(終了しました)

2019年8月29日 木曜日

9月1日(日)に新宿区の都立戸山公園及び新宿スポーツセンターで行われる「しんじゅく防災フェスタ2019」に出展します。

当イベントはファミリー・若者・障がい者・外国人など多くの方が防災について楽しく学べるもので、みやぎセルプは3回目の参加になります。

障害者震災記憶の風化防止を訴えるパネルの展示や、被災事業所商品の販売などを行います。

ぜひ、ご来場くださいませ!

せんだい3.11メモリアル交流館で「3.11ソレカラ」パネル展を開催します。(終了しました)

2019年8月1日 木曜日

令和元年8月21日(水)から9月8日(日)まで、せんだい3.11メモリアル交流館 一階にて、「3.11ソレカラ」パネル展を開催いたします。

 

東日本大震災で被災した障害者、福祉職員が直面した困難や、元の生活を取り戻す過程を記したパネルを展示します。

 

震災から8年が経過した今、もう一度「震災」、「防災・減災」、「共助」について考えてみませんか?

 

みなさまのご来場をお待ちしております。

 

リアス・アーク美術館(気仙沼市)で「3.11ソレカラ」パネル展を開催します。(終了しました)

2019年7月18日 木曜日

令和元年7月24(水)から28日(日)の5日間、気仙沼市のリアス・アーク美術館エントランスホールにて「3.11ソレカラ」パネル展を開催します。

気仙沼市在住(震災当時)の方を数多く取材してきましたが、この地でパネル展を行うのは初です。

気仙沼市は復興が目に見えて進んでいますが、同時に震災記憶の風化も少しづつ始まっているように思います。8年前を思い出して「共助」、「防災」、「減災」について考えてみませんか?

当パネル展は無料でご覧いただけますので、お近くにお住まい方、期間中に気仙沼市を訪れる予定のある方はぜひ足を運んでみてください。

 

『第12回ナイスハートバザールinせんだい+ノウフクマルシェ』を開催します!!(終了しました)

2019年7月3日 水曜日

 宮城県の平成31年度被災障害者就労支援事業所等復興支援体制づくり事業の一環として、東日本旅客鉄道株式会社様JR東日本東北総合サービス株式会社様のご協力で、令和元年7月22日(月)〜7月25日(木)の4日間、JR仙台駅2階ステンドグラス前催事場にて、宮城県の障害者福祉事業所31事業所が参加する一大イベント『第12回ナイスハートバザールinせんだい+ノウフクマルシェ』を開催いたします。

 手作り のパンや焼き菓子、スウィーツ、そしてこだわりのお豆腐などのおいしい食べ物がいっぱい。その他にも手作りの木工品、アクセサリーや小物雑貨といった「とっておきの商品」が販売されます。

 また、今回も「農業」と「福祉」の連携により生まれた『ノウフクマルシェ』を同時開催し、 宮城県内の障害者福祉事業所で丹精込めて作った新鮮野菜や、それを使い丁寧に手作りした加工食品も販売します。

是非、この機会にお立ち寄りください。

 

 

≪7月22日~23日 参加事業所≫
仙台自立の家(仙台市青葉区)はぴかむ(仙台市若林区)希望の星(仙台市太白区)(23日のみ)
第二啓生園(仙台市宮城野区)工房けやき(仙台市太白区)仙台もぐらの家(仙台市青葉区)
工房しらかば(仙台市青葉区)蔵王すずしろ(刈田郡蔵王町)こぶし(仙台市太白区)
工房かやの実(仙台市泉区)みどり工房長町(仙台市太白区)ぶるー・びー(仙台市青葉区)(22日のみ)
なでしこ(仙台市若林区)
≪7月24日~25日 参加事業所≫
ぱれった・けやき宮城野(仙台市宮城野区)ゼルコバ(仙台市若林区)マルベリー工房(仙台市青葉区)
アトリエ・ソキウス(仙台市泉区)工房すぴか(仙台市宮城野区)ホープすずかけ(仙台市宮城野区)
コッペ(仙台市宮城野区)蔵王すずしろ(刈田郡蔵王町)Petit Eclair(仙台市青葉区)
いずみ授産所(仙台市宮城野区)パルいずみ(仙台市泉区)くるみの木(仙台市青葉区)
≪ノウフクマルシェ≫
仙台自立の家(仙台市青葉区)ぱれった・けやき宮城野(仙台市宮城野区)ステージパス(多賀城市)
MEGUMI(仙台市太白区)希望の星(仙台市太白区)サンサンファクトリー(仙台市太白区)
わ・は・わ大衡(黒川郡大衡村)まきばの実り(大崎市)パーラー山と田んぼ(石巻市)
すずかけの里(大崎市)

※過去の『ナイスハートバザールinせんだい』の様子です。

平成30年度(第11回)
平成30年度(第10回)

平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度

報道関係者向け⇒プレスリリース

「第67回全国ろうあ者大会inみやぎ」に出展します

2019年6月5日 水曜日

6/13(木)~16(日)の間、仙台国際センター他(宮城県仙台市)で開催される「第67回全国ろうあ者大会inみやぎ」に出展します。
みやぎセルプでは「東日本大震災特別展示」と題して、被災した障害者や福祉職員を取材したパネル展示を行います。
また、15日(土)と16日(日)には、障害者就労支援事業所で作っている商品の販売も併せて行います。
会期中は展示ブースに当法人のスタッフが常駐して対応いたします。ぜひお立ち寄りくださいますようお願いいたします。

【出展概要】
催事名: 第67回全国ろうあ者大会inみやぎ
催事期間 : 2019年6月13日(木)~6月16日(日)
展示企画名:東日本大震災特別展示
展示内容:パネル展示「3.11ソレカラ~障害者と福祉職員の『あの日』と『ソレカラ』~」
展示会場 : 仙台国際センター桜ホール(仙台市青葉区無番地 仙台国際センター内)
出展日時:14日(金)・15日(土)9:00~17:00、16日(日)9:30~16:00

「第67回全国ろうあ者大会inみやぎ」公式ホームページ

とっておきの音楽祭2019にパネル展示で出展します

2019年5月29日 水曜日

6月2日(日)に開催される第19回とっておきの音楽祭」にて、
障害者震災記憶風化防止活動支援業務のパネルが展示されます。

日時:6月2日(日) 午前10時 ~ 午後5時(予定)
場所:勾当台公園 季の杜に像前ステージ付近

なお、当日は障害者就労支援事業所のケータリングカーや、
食品・手工芸品のお店もございます。
お近くにお越しの際は、ぜひともお立ち寄りくださいませ。

ダウンロードはこちら

旧観慶丸商店(石巻市)にて「3.11ソレカラ」パネル展を開催します。

2019年2月25日 月曜日

3月7日(木)から11日(月)までの5日間、石巻市の旧観慶丸商店にて障害者・福祉職員の震災復興パネル展「3.11ソレカラ」を開催いたします。このパネル展は東日本大震災で被災した障害者および福祉職員の震災体験を展示するもので、震災記憶の風化防止および「共助」について考えるきっかけになることを目的としております。

 パネル展の他に、障害者福祉事業所の作業を体験するワークショップ、津波に強い建築構造を実験しながら学ぶ「津波建築実験室」、仙台のボーカルグループ「the voice of LOVE」ライブなどのイベントも開催いたします。

 お誘いあわせのうえ、ぜひご来場くださいませ。

『第11回ナイスハートバザールinせんだい+ノウフクマルシェ』を開催します!!

2019年2月5日 火曜日

宮城県の平成30年度被災障害者就労支援事業所等復興支援体制づくり事業の一環として、東日本旅客鉄道株式会社様JR東日本東北総合サービス株式会社様のご協力で、平成31年2月25日(月)〜2月28日(木)の4日間、JR仙台駅2階ステンドグラス前催事場にて、宮城県の障害者福祉事業所35事業所と福島県の障害者福祉事業所18事業所が参加する一大イベント『第11回ナイスハートバザールinせんだい+ノウフクマルシェ』を開催いたします。

パンや焼き菓子、手作りスウィーツ、こだわりのお豆腐などのおいしい食品類。その他にも革製品、手作りのアクセサリーや小物といった「とっておきの商品」が販売されます。

また、今回も「農業」と「福祉」の連携により生まれた『ノウフクマルシェ』を同時開催し、宮城県内で採れた新鮮な野菜や、それを使い丁寧に手作りした加工食品も販売します。

是非、この機会にお立ち寄りください。

≪参加事業所≫
くるみの木(仙台市青葉区)仙台自立の家(仙台市青葉区)なでしこ(仙台市若林区)
アトリエ・ソキウス(仙台市泉区)こぶし(仙台市太白区)すまいる作業所(仙台市泉区)
いずみ授産所(仙台市宮城野区)ホープすずかけ(仙台市宮城野区)仙台もぐらの家(仙台市青葉区)
工房けやき(仙台市太白区)ゼルコバ(仙台市若林区)多夢多夢舎中山工房(仙台市青葉区)
ぱれった・けやき宮城野(仙台市宮城野区)工房すぴか(仙台市宮城野区)マルベリー工房(仙台市青葉区)
はぴかむ(仙台市若林区)工房かやの実(仙台市泉区)第二啓生園(仙台市宮城野区)
名取市みのり園(名取市)はらから福祉会(柴田町)コッペ(仙台市宮城野区)
こころや(仙台市青葉区)パル三居沢(仙台市青葉区)パルいずみ(仙台市泉区)
ビッグママ(仙台市太白区)工房しらかば(仙台市青葉区)福島県授産事業振興会(福島県)
≪チームシーサイド≫
みどり工房若林(仙台市若林区)織音(石巻市)のぞみ福祉作業所(南三陸町志津川)
くじらのしっぽ(石巻市)
≪ノウフクマルシェ≫
仙台自立の家(仙台市青葉区)希望の星(仙台市太白区)ぱれった・けやき宮城野(仙台市宮城野区)
はらから福祉会(柴田町)MEGUMI(仙台市太白区)くじらのしっぽ(石巻市)
小国の郷(石巻市)ステージパス(多賀城市)サンサンファクトリー(仙台市太白区)
wara(名取市)ラ・フレーズ(名取市)

※過去の『ナイスハートバザールinせんだい』の様子です。

平成30年度(第10回)
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度

報道関係者向け⇒プレスリリース

観光いちご農園「ラ・フレーズ」がオープンしました!

2019年1月28日 月曜日

 一般社団法人こねくとが運営する観光いちご農園「ラ・フレーズ」が名取市にオープンしました。

 JR名取駅から車で約10分、樽水ダム近くののどかな場所に「ラ・フレーズ」はあります。広大な農園の中にはおいしそうなイチゴが連なっており、甘い香りでいっぱいです。

 ハウス内の通路は広く、無理な姿勢にならずに立ったまま摘み取れる”高設栽培”なので、小さな子供を連れたファミリーにもオススメです。

 当法人スタッフも取材時にイチゴをご馳走になりましたが、ほんとうに甘くておいしいですよ!

 仙台市内からもお手軽に行ける距離ですので、ぜひご来園ください。

東北電力グリーンプラザで「3.11ソレカラ」パネル展を開催します。

2019年1月15日 火曜日

東北電力グリーンプラザ(仙台市)で「3.11ソレカラ」パネル展を開催いたします。

東日本大震災で被災した障害者および福祉施設職員の体験を記したパネルの展示の他、福祉施設職員が被災体験や現在抱える問題について語るトークイベントもあります。

入場は無料です。会場もお買い物ついでにお寄りいただける場所ですので、お気軽にご来場くださいませ。

   

障害者・福祉職員の震災復興パネル展「3.11ソレカラ」

会  場:東北電力グリーンプラザ アクアホール(仙台市青葉区一番町3-7-1 )

開催日時:2019年1月29日(火)~2月2日(土) 10:00~18:00(最終日のみ16:00まで)

トークイベント:

     2月2日(土)14:00~15:00

    【震災当時の状況および新たな課題について】

    ・のぞみ福祉作業所(南三陸町)施設長 森伸也さん

    ・みどり工房若林(仙台市若林区)施設長 今野真理子さん

入 場 料:無料

お問合せ:みやぎセルプ協働受注センター TEL:022-399-6299

阪神・淡路大震災から24年

2019年1月15日 火曜日

1月17日は多くの犠牲者を出した阪神・淡路大震災が発生した日です。

今年は震災から24年目の年になります。

当法人では昨年、阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター様(神戸市)にて、「3.11ソレカラ」パネル展を開催させていただきました。

神戸の街は本当に大きな地震があったのかと思えるほど復興していますが、人と防災未来センターや、メリケン波止場の震災遺構に行くと震災当時をうかがい知ることができます。

それらを見て、改めて震災の記憶を風化させてはならないと強く思いました。

近年では毎年のように大きな地震が起きています。1月17日は阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼し、防災・減災について考えてみてはいかがでしょうか。

平成30年度第2回県庁ロビー「働く障害者ふれあいフェスティバル」を開催します

2018年12月3日 月曜日

宮城県の障害福祉行政推進の一環として、障害者就労支援事業所等を利用する障害者が作製した製品を紹介・販売し、働く障害者への理解を深めるとともに、事業所の工賃向上を図ることを目的として、「働く障害者ふれあいフェスティバル」を開催いたします。

手づくりのお菓子やパン、野菜、手工芸品など様々な製品を取り揃えております。お誘い合わせの上、ぜひお越しください。

日時:平成30年12月5日(水)、6日(木)の2日間 10:30〜14:00

場所:宮城県庁1階ロビー

チラシは↓をクリックして下さい。

 

12月 5日(水) 出展事業所一覧

法  人  名事 業 所 名販 売 商 品所 在 地
1一般社団法人杜の都福祉事業団ゼルコバ木工製品・手芸品仙台市若林区
2株式会社なでしこなでしこ手芸品・陶芸品・カレンダー・布製品・置物仙台市若林区
3特定非営利活動法人博英舎・こころやこころやクッキー・手芸品・アクセサリー仙台市青葉区
4特定非営利活動法人みどり会みどり工房永和台布製品(ポーチ・ブックカバー)・雑貨製品仙台市泉区
5一般社団法人はぴかむはぴかむ焼菓子・創作手芸品仙台市若林区
6社会福祉法人愛子福祉会いずみ授産所縫製品(ドレス型タオル等)・羊毛フェルト他仙台市宮城野区
7一般社団法人ぶるー・びーぶるー・びー手工芸品(Xmasリース・つまみ細工・ポーチ他)仙台市青葉区
8特定非営利活動法人桑の木マルベリー工房シフォンケーキ・パウンドケーキ・焼菓子仙台市青葉区
9社会福祉法人宮城県身体障害者福祉協会第二啓生園万能ふきん・クリスマスグッズ・縫製品仙台市宮城野区
10合同会社ビッグママビッグママ食パン、総菜パン各種・焼菓子・クラフト製品仙台市太白区
11特定非営利活動法人煌きの会工房すぴか織り製品(マフラーショール他)・裂き織製品仙台市宮城野区
12企業組合労協センター事業団ともにはま道弁当・総菜・野菜・果物・漬物等亘理町
13認定特定非営利活動法人ばざーる太白社会事業センター希望の星パンの花作品・ハックルベリーソース・ポチ袋仙台市太白区
14株式会社スプリントスプリント美田園センターいちごジャム・いちごソース名取市
15社会福祉法人みんなの輪美里町地域活動支援センタービーズ製品・手芸品美里町
16社会福祉法人ゆうゆう舎コスモスホールさをり製品・手芸品・小物等多賀城市
17特定非営利活動法人ガンバ・ペッチャー仲間の家手工芸品(花かご・ビーズブレスレッド他)川崎町
18一般社団法人恵のもりMEGUMIサラダセット、季節の野菜仙台市太白区
19社会福祉法人富谷市社会福祉協議会TOMOTOMO・YOUYOU木工製品・革製品・手芸品・ビーズ製品等富谷市
20一般社団法人地域障害者雇用促進協会
Nさぽーと・みやぎ
ぴゅあ・さぽーとさをり製品(アクセサリー)・い草製品(飾り)石巻市

 

12月 6日(木) 出展事業所一覧

法  人  名事 業 所 名販 売 商 品所 在 地
1一般社団法人杜の都福祉事業団ゼルコバ木工製品・手芸品仙台市若林区
2株式会社なでしこなでしこ手芸品・陶芸品・カレンダー・布製品・置物仙台市若林区
3特定非営利活動法人博英舎・こころやこころやクッキー・手芸品・アクセサリー仙台市青葉区
4特定非営利活動法人みどり会みどり工房永和台布製品(ポーチ・ブックカバー)・雑貨製品仙台市泉区
5一般社団法人はぴかむはぴかむ焼菓子・創作手芸品仙台市若林区
6社会福祉法人愛子福祉会いずみ授産所縫製品(ドレス型タオル等)・羊毛フェルト他仙台市宮城野区
7一般社団法人ぶるー・びーぶるー・びー手工芸品(Xmasリース・つまみ細工・ポーチ他)仙台市青葉区
8特定非営利活動法人桑の木マルベリー工房シフォンケーキ・パウンドケーキ・焼菓子仙台市青葉区
9社会福祉法人宮城県身体障害者福祉協会第二啓生園万能ふきん・クリスマスグッズ・縫製品仙台市宮城野区
10合同会社ビッグママビッグママ食パン、総菜パン各種・焼菓子・クラフト製品仙台市太白区
11特定非営利活動法人煌きの会工房すぴか織り製品(マフラーショール他)・裂き織製品仙台市宮城野区
12企業組合労協センター事業団ともにはま道弁当・総菜・野菜・果物・漬物等亘理町
13認定特定非営利活動法人ばざーる太白社会事業センター希望の星パンの花作品・ハックルベリーソース・ポチ袋仙台市太白区
14株式会社スプリントスプリント美田園センターいちごジャム・いちごソース名取市
15株式会社さくらさくら工房木工品(クリスマスリース・羽子板他)仙台市青葉区
16社会福祉法人仙台つるがや福祉会ワークつるがやなご味うどん・葦製品仙台市宮城野区
17医療法人社団原クリニック仙台メンタルヘルスサービス手工芸品(アクリルたわし・編みぐるみ他)仙台市青葉区
18特定非営利活動法人コスモスクラブすまいる作業所豆腐・厚揚げ・油揚げ・おからドーナツ等仙台市泉区
19社会福祉法人家庭福祉会きぼう園 二の森ワークパン・焼菓子・軍手・コースター仙台市宮城野区
20社会福祉法人ゆうゆう舎ぱれった・けやき宮城野乾燥野菜・クッキー・刺し子雑貨他仙台市宮城野区
21社会福祉法人石巻祥心会小国の郷野菜・ジャム・ピクルス石巻市

宮城県内で12月3日よりヘルプマークの配布が始まります。

2018年11月27日 火曜日

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、平成24年に東京都が作成したマークです。平成29年7月にはJIS規格に追加され全国共通のマークとなりました。

この度、宮城県内でも障害者週間(平成30年12月3日から9日まで)の開始にあわせて配布が始まります。

今回のヘルプマークの配布に合わせて、当法人では宮城県と仙台市より「ヘルプマークの組立等作業」を受託し、宮城県内の障害者就労支援事業所延べ18事業所にてヘルプマークの組立作業を行いました。

 

 

入手方法や対象者等の詳しい内容は、以下のサイトをご覧ください。

宮城県公式ウェブサイト-「ヘルプマークの配布について」

仙台市公式ウェブサイト-「ヘルプマークの配布を開始します」