七郷小学校で避難生活の開始

お話:特定非営利活動法人 みどり会 地域活動支援センター みどり工房若林
施設長 今野真理子さん

七郷小学校にはどのくらい滞在しましたか?

 地震発生日から利用者さんと10日間いましたね。

居場所は確保できたのですか?

 校舎内の部屋には入ることができました。偶然にも荒浜近辺の人たちが入っている部屋だったんです。部屋に入り、ひとまず居る場所を決めて座ったら、隣に荒浜の人たちがいました。

利用者さんの避難場所での様子は?

 不安はあったかと思いますが、一見落ち着いていましたね。理由を聞きましたら、工房で防災訓練をしてたこともありますし、かつ私が防災の勉強ずっとしていたことも利用者さん知っていて、それが少しでも安心感につながったようです。

ページの上へ戻る