TOPTOPICS ≫ 宮城県内で12月3日よりヘルプマークの配布が始まります。

宮城県内で12月3日よりヘルプマークの配布が始まります。

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、平成24年に東京都が作成したマークです。平成29年7月にはJIS規格に追加され全国共通のマークとなりました。

この度、宮城県内でも障害者週間(平成30年12月3日から9日まで)の開始にあわせて配布が始まります。

今回のヘルプマークの配布に合わせて、当法人では宮城県と仙台市より「ヘルプマークの組立等作業」を受託し、宮城県内の障害者就労支援事業所延べ18事業所にてヘルプマークの組立作業を行いました。

 

 

入手方法や対象者等の詳しい内容は、以下のサイトをご覧ください。

宮城県公式ウェブサイト-「ヘルプマークの配布について」

仙台市公式ウェブサイト-「ヘルプマークの配布を開始します」

 

ページTOPへ