TOP ≫ くじらのしっぽ

社会福祉法人 石巻祥心会障害福祉サービス事業所 くじらのしっぽ

法人名
社会福祉法人 石巻祥心会
事業所名
障害福祉サービス事業所 くじらのしっぽ
事業所種別
生活介護事業
定員数
20名
所在地
宮城県石巻市鮎川浜清崎山7番地(清優館内)
担当者名
阿部 かよ子 多田 剛優
TEL
0225-44-1753
FAX
0225-44-1754
WEBサイト
http://kujiranoshippo.wix.com

アーカイブ

【震災当時】


「くじらのしっぽ」は、牡鹿半島の高台に建つ保健福祉センター「清優館」の一角を事業所として使用しています。高台にあったため建物は津波の被害を免れ、利用者も職員も全員が無事を確認することができました。一方で海に近い地域は甚大な被害を受けたため、多くの被災者が高台に上ってきました。「清優館」は避難所として開放され、ピーク時には600名ほどの被災者が避難していました。また、被災者を受け入れる側として、利用者さんも職員も避難所運営の役割をにないました。いざという時のために、作業で作っていた食パンを冷凍庫いっぱいに保管していたことが役に立ちました。食パンやおかゆなどを避難してきた方に提供するなど、避難所運営に貢献することができました。



                                                                                くじらのしっぽがある清優館


【今後は】


震災後、地域の方々のご協力によって、地元の産業であるわかめの芯抜き作業を委託してもらえるようになりました。しかし、従事者の高齢化が進み担い手が少なくなっています。そんな状況を受けて、我々が担い手として関わっていけたらと思います。障害福祉の事業所ではありながら、商品や情報の発信者になることをこれからの展開として考えています。




                     上:製造している商品 下:清優館からの眺め

商品紹介

  • ふのり400円(税込み)

    牡鹿半島で育ったふのりです。磯の香りが豊潤で、まるで海の中にいるようです。色鮮やかな紫色がお味噌汁を彩ります。

  • ひじき650円(税込み)

    牡鹿半島で育ったひじきは色艶もよく、食べ応え抜群。牡鹿の海水はミネラルが豊富で、常に綺麗な海水が一定な潮流海域です。

  • 湯通し塩蔵わかめ(300g)500円(税込み)

    牡鹿半島の海域で取れた三陸産わかめ。色艶・歯触りもたいへん良く、簡単な水洗いで美味しくいただけます。
    150g(300円)もご用意しております。

  • 塩・バジル塩(牡鹿半島産)各300円(税込み)

    金華山沖の豊富に魚介資源が育つ潮流海域の海水で作られたお塩です。ミネラルを多く含み、ほのかな甘みと味に深みを持っています。食材にとてもよく馴染みます。
    また、牡鹿半島産のお塩に地元山水で育ったバジルを合わせたバジル塩は、清々しいバジルの香りが素材の旨みを引き立てます。ご自宅のスパイスラックにお一ついかがですか。

  • 鹿革ペンケース(きなり・黒・茶)6,800円(税込み)

    牡鹿半島の野生の鹿革を使った2WAYタイプのペンケース。地元に生息する天然の鹿革を使っているためそれぞれ表情が大きく異なるのが特徴です。従来の革製品には見られないような傷や色むらがあり、一つとして同じものはありません。国産の鹿革が一般に流通することはほとんどないので、この希少な素材の個性と永く使っていただく中での経年の変化を楽しんでください。
    一般社団ほうじん つむぎや「OCICAプロジェクト」により、一つ一つ丁寧に受託制作しております。(www.ocica.jp)

お問合せ

「障害福祉サービス事業所 くじらのしっぽ」へのお問合せは下のフォームよりお願いいたします。

法人名
※法人の場合のみご記入ください。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
※電話でのご連絡をご希望の場合ご記入ください。
お問合せ内容

確認画面は開きません。このまま送信する場合はチェックを入れ「送信」ボタンを押してください。