TOP ≫ きらら女川

特定非営利活動法人 きらら女川きらら女川

法人名
特定非営利活動法人 きらら女川
事業所名
きらら女川
事業所種別
就労継続支援事業B型
定員数
20名
所在地
宮城県牡鹿郡女川町鷲神浜字鷲神144-7
TEL
0225-98-8062
FAX
0225-98-8074
WEBサイト
https://kiraraonagawa.wixsite.com/home

アーカイブ

2010.12.1【きらら女川】は町の沿岸部に産声を上げました。女川町で就労支援事業所が出来るのは初めてだということもあり、当時利用者は4名でのスタートとなりました。

爆発的な事業所利用へのニーズがあり、またたく間に利用者は10名を超え、もう少し事業を拡大しようと新たな拠点の改修計画を立てました。

そして改修を終え、設備を整え引っ越しを始めたのが、まさしく2011.3.11震災当日の朝のことでした。

きらら女川は、沿岸部に位置していたため、それまで活動していた事業所、そしてその引っ越し先も全て流出してしまいました。

この時から利用者の内、2名が未だ行方不明のままとなっています。

震災前は、かりんとうの製造(一部施設外就労)に取り組んでおり、工賃は段階的に時間給300円から600円となっていました。震災は「商品を全国に届けてもっと稼ぐぞ」とみんな張り切っていた矢先の出来事でした。

津波の被害があった場所には規制がかかり、また平地の少ない女川の地形により事業所再建の目途が立たず 、利用者は2年あまりの間、在宅生活を余儀なくされました。

やっと再建の目途が立ち、現在かりんとう工場を建設中です。

被災地の事情から、工事の遅れがありますが熱くなるころには新しい工房での活動を開始できる予定です。

それまでの間、仮設プレハブで卓上手織機での製作活動や軽作業を頂きながら、がんばります。



震災前活動していた場所は、地盤沈下の影響で海の中となっています



地震発生後、みんなで高台にある女川町立病院に避難しました



現在、活動拠点としている仮設事業所



建設中の新工房(2013.6月頃)



2013.7.25 新しい工房が無事に完成しました。

商品紹介

  • おからかりんとう360円

    地域の特産品を練りこんだ風味豊かなかりんとうとうです。

    女川の【さんま】【わかめ】
    東北の【しいたけ】【ずんだ】【ごま】【みそ】【塩】
    【かぼちゃ】【くるみ】【えび】【おから】【さつま芋】
    【紫芋】【ごぼう】【りんご】等

                    種類も豊富に取り揃えております。
                    基本的には、卸売りが専門で、100個単位で対応致します。
                    卸売価格やお取引条件等、遠慮なくお問い合わせください。

  • さんまパン260円

    女川名物のさんまをトッピングしました。
    生地にもさんまと玉ねぎのペーストを練りこみ、
    パンの上にさんまとマヨネーズとチーズをトッピング。
    お土産にも最適な商品に仕上げました。(製造日より1か月)

  • 無塩生わかめ600円

    冷凍の状態で熱湯をかけるだけ。シャキシャキした触感で
    採りたての美味しさを味わうことが出来ます。(30g×3個入り)

    Amazonからご注文頂くと送料が無料になります。
    【アマゾン/無塩生わかめ】で検索出来ます。

  • あぶりさんま380円

    レンジで簡単調理!本格あぶりさんまがいつでも食べられます。

業務請負

平成25年8月まで、室内での軽作業請負が可能です。

お問合せ

「きらら女川」へのお問合せは下のフォームよりお願いいたします。

法人名
※法人の場合のみご記入ください。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
※電話でのご連絡をご希望の場合ご記入ください。
お問合せ内容

確認画面は開きません。このまま送信する場合はチェックを入れ「送信」ボタンを押してください。